<p><img src="https://d2s36jztkuk7aw.cloudfront.net/sites/default/files/styles/media_responsive_widest/public/tile/image/original_441.jpg?itok=bSu8Jojn&amp;timestamp=1354886431" alt="ãabbey road beatles albumãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ" /></p><ul class="table-of-contents"> <li><a href="#1テレビドキュメンタリーの完成が発表された">1 テレビ・ドキュメンタリーの完成が発表された</a></li> <li><a href="#2シングルは絶好調">2 シングルは絶好調</a><ul> <li><a href="#1Get-Backが大ヒット">(1)「Get Back」が大ヒット</a></li> <li><a href="#2立て続けにThe-Ballad-Of-John-And-Yokoもリリース">(2)立て続けに「The Ballad Of John And Yoko」もリリース</a></li> <li><a href="#3もう少し待つべきだった">(3)もう少し待つべきだった</a></li> </ul> </li> <li><a href="#3ファンはビートルズに期待していた">3 ファンはビートルズに期待していた</a></li> <li><a href="#4世間は解散の気配すら感じていなかった">4 世間は解散の気配すら感じていなかった</a><ul> <li><a href="#1メンバー同士は険悪になっていたが">(1)メンバー同士は険悪になっていたが</a></li> <li><a href="#2ファンは期待していた">(2)ファンは期待していた</a></li> <li><a href="#3アップルの社員はヒタ隠しにしていた">(3)アップルの社員はヒタ隠しにしていた</a></li> </ul> </li> <li><a href="#5もっといいアルバムを作ろう">5 もっといいアルバムを作ろう!</a></li></ul><h3 id="1テレビドキュメンタリーの完成が発表された"><strong><span style="color: #ff0000;">1 テレビ・ドキュメンタリーの完成が発表された</span></strong></h3><p><img src="https://d2s36jztkuk7aw.cloudfront.net/sites/default/files/tile/image/original_194.jpg" alt="ãlet it be tv film documentary 1969ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ" /></p><p>1969年は、世界中の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D3%A1%BC%A5%C8%A5%EB%A5%BA">ビートルズ</a>ファンにとってとても幸せな年でした。その年が始まると、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D3%A1%BC%A5%C8%A5%EB%A5%BA">ビートルズ</a>は、前年の11月下旬にリリースされた「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DB%A5%EF%A5%A4%A5%C8%A5%A2%A5%EB%A5%D0%A5%E0">ホワイトアルバム</a>」という愛称で知られる30曲のダブルアルバムを分析し、検討し始めました。</p><p>1969年11月に公開されたアニメーション映画「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%A8%A5%ED%A1%BC%A5%B5%A5%D6%A5%DE%A5%EA%A5%F3">イエローサブマリン</a>」は予想外にヒットし、1月に入ってもまだ上映されていました。また、同月には、映画の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%A6%A5%F3%A5%C9">サウンド</a>トラック・アルバムが発売され、すぐに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B4%A1%BC%A5%EB%A5%C9%A1%A6%A5%C7%A5%A3%A5%B9%A5%AF">ゴールド・ディスク</a>になりました。</p><p>また、「TVガイド」という<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%E1%A5%EA">アメリ</a>カの雑誌の1969年4月19-25日号は、「ロンドンの屋根の上の4匹の猫」という題名の2ページの記事を特集し、多くの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%E1%A5%EA">アメリ</a>カの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D3%A1%BC%A5%C8%A5%EB%A5%BA">ビートルズ</a>ファンをとても興奮させました。その記事は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D3%A1%BC%A5%C8%A5%EB%A5%BA">ビートルズ</a>が撮影した「テレビドキュメンタリー」について触れていました。「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D3%A1%BC%A5%C8%A5%EB%A5%BA">ビートルズ</a>が、数か月以内に彼らがどのように作品を制作しているかを明らかにしたドキュメンタリー作品を世界中で発表する予定である。」というものでした。</p><p>そこには解散をうかがわせるような言葉は一言もなかったのです。</p><script async="" src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script><p><ins class="adsbygoogle" style="display: block;" data-ad-client="ca-pub-5437933326348048" data-ad-slot="4233555817" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true"> </ins></p><script>// <![CDATA[(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});// ]]></script><h3 id="2シングルは絶好調"><strong><span style="color: #ff0000;">2 シングルは絶好調</span></strong></h3><h4 id="1Get-Backが大ヒット"><strong><span style="color: #ff0000;">(1)「Get Back」が大ヒット</span></strong></h4><p>この記事が発表されて一週間ほどが立った後、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D3%A1%BC%A5%C8%A5%EB%A5%BA">ビートルズ</a>のニューシングルがリリースされました。1968年春にリリースされた「Lady <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/Madonna">Madonna</a>」は、イギリスではチャート1位を獲得したものの、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%E1%A5%EA">アメリ</a>カでは4位に留まりました。</p><p>しかし、「Get Back」は、登場後に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D3%A5%EB%A5%DC%A1%BC%A5%C9">ビルボード</a>のシングルチャート1位を獲得し、5週間その座を確保しました。それから1か月ほどしか経たないうちに、シングル「The Ballad Of John And Yoko」がリリースされ、当時1位だった「Get Back」に抑えられて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%E1%A5%EA">アメリ</a>カでは8位止まりだったものの、イギリスでは1位を獲得しました。</p><h4 id="2立て続けにThe-Ballad-Of-John-And-Yokoもリリース"><strong><span style="color: #ff0000;">(2)立て続けに「The Ballad Of John And Yoko」もリリース</span></strong></h4><p><iframe src="https://www.youtube.com/embed/v-1OgNqBkVE?feature=oembed" width="480" height="270" frameborder="0" allowfullscreen=""></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://youtu.be/v-1OgNqBkVE">youtu.be</a></cite></p><p>詳細は別項に譲りますが、多くの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%E1%A5%EA">アメリ</a>カのラジオ局がこの曲は歌詞に問題があると考え、放送しなかったにもかかわらず8位を獲得しました。この曲が完成するとジョンは興奮してポールの自宅に押しかけ、二人でレコーディングしようと持ちかけました。</p><p>その頃、ジョージは休暇、リンゴは映画の撮影中で不在だったのです。驚いたポールは、彼らが帰ってくるまで待つよう説得しましたが、一刻も早くレコーディングしたいというジョンの熱意に負けてレコーディングしました。</p><p>この曲は、結婚したばかりのジョンとヨーコの新婚旅行の模様を描いたものです。ですから、旬を過ぎてしまうと話題性がなくなってしまって、ヒットしなくなる恐れがありました。</p><p>それに、長い間シングルA面はポールの曲が独占していたので、久しぶりにチャート1位を取れそうな曲が完成して、ジョンは、早くレコーディングしたくて、いても立ってもいられなくなったのかもしれません。</p><h4 id="3もう少し待つべきだった"><strong><span style="color: #ff0000;">(3)もう少し待つべきだった</span></strong></h4><p>ただ、結果的には、ジョージとリンゴが帰ってくるまで待ってじっくりレコーディングした方が良かったでしょう。良い曲なんですが、何となく淡白で物足りない感じがするのは、彼らがいなかったせいかもしれません。</p><p>それに、「Get Back」がチャート1位をキープしているタイミングで次のシングルをリリースするなんて、いくらなんでも急ぎすぎですよ

最新情報

アビイ・ロード50周年「マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー」(ビートルズにまつわる雑文日記)
ブリティッシュ・アクセントへ回帰したビートルズ(232)(★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★)
ザ・ビートルズ「アビイ・ロード」の50周年記念エディションが9月27日に全世界同時発売決定!(ビートルズにまつわる雑文日記)
公式サイトにて「アビイロード50周年記念盤」の告知開始(ザ・ビートルズ曲雑記ブログ | 「ザ・ビートルズ楽曲データベース」)
イタバシくん曰く「ジョージのスライドかっこいいよなぁー」(ビートルズにまつわる雑文日記)
アビイ・ロード50周年記念盤について再びリンゴがインタビューで言及(ザ・ビートルズ曲雑記ブログ | 「ザ・ビートルズ楽曲データベース」)
リンゴ曰く!ビートルズ「Abbey Road」の50周年記念ボックスセット発売へ(ビートルズにまつわる雑文日記)
思わず出てしまったイギリス式発音とリヴァプール訛り(231)(★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★)
アビイ・ロード50周年記念盤は果たして・・発売されるのか?(ザ・ビートルズ曲雑記ブログ | 「ザ・ビートルズ楽曲データベース」)
ジョージ・ハリスン「That's The Way It Goes」(ビートルズにまつわる雑文日記)

サイト情報

最新のビートルズ情報をどうぞ! モンタージュBloggifを作成しました


カウンター
相互LINKありがとうございます
http://tsugu.cside.com/

powered by BESTHIT-アンテナ