最終更新日:2021-10-26 16:00
16:00 夕暮れ、茜色に染まる薄野原を歩いていた時のこと。 すぐ側でガサガサと音がするので、何かなとそちらに向かってみた。
16:00 慌てて顔を上げた彼の前には、大きな一頭の奇妙な猪がいた。 身体中が黒と灰色の斑毛で覆われている。
16:00 幼い従姉妹と遊んでこいと言われた彼女は、勝手知ったる裏山へ出かけた
16:00 山村に住む母親が、入院施設のある市内に入院した知人がいた
15:00 四つ葉のクローバーを探していた小学生の私を見て 母がクローバーのある所に連れて行ってくれると言った
16:00 馬鹿でかい慰霊碑の前では呼吸が苦しく、顔を上げることさえ できなかった。
16:00 一昔前に「オオクワガタ」が流行り、大きいのだと数十万~という値段がついてた
16:00 ただの宿舎ではない 「出る」ので有名で、昔、「遊女」が病気になると 「生きたまま捨てられた」という場所の近く
16:00 「ボク食べたら死にますよ~!」的にベニテングダケが生えていた
16:00 彼の家の裏山には、既に使われなくなった火葬場跡がある。
16:00 山で薪を拾っていた。 強い日差しの下で腰を屈めていると、フッと日が陰る。
16:16 空一面の黒雲から、一本の真っ直ぐな、白く輝く柱が地に突き刺さっていた。
16:00 渓流釣りに出かけ、夢中で山女を追いかけていた 気がつくと深く入り込んでしまったらしい
15:30 山の中の現場も終わり帰ろうとすると現場の爺さん連中に呼び止められ 「これ舐めてみろ」焼肉のタレみたいな物を小皿で出された
16:00 おや? この雨って妙に粘々しているような気がする。
16:00 ウチの実家周りは鬱蒼とした竹藪に囲まれている。 小学校の頃には基地とか作って竹藪で遊んでた。
16:00 「小汚いおじいちゃん」がにこにこ釣りを見てるからワンカップ出して「飲まいん」と封をあけて渡してあげた
16:00 昔四国石鎚山麓にあるおいのかわというところでよく怪異に出くわしたと話してくれました
16:00 テントでの泊りがけの渓流釣りで「火の玉?」を見たという
16:00 山の神が怒ってるんだ

サイト情報

超怖い話まとめアンテナです。

超怖い話

ここに内容を記入します。
タイトルです。
ここに内容を記入します。
powered by BESTHIT-アンテナ